TOP

就活で役に立つノウハウを紹介しています

四季報は必ずチェックしてから面接に挑もう

近年では四季報を出している会社は少なくなっていますが、それでも発行している会社の場合には必ずチェックしてから面接に挑むようにしましょう。四季報を読んでみることによって会社内でどのような取り組みが行われているのかを把握するだけではなく、仕事から少々離れた場面での催し事やイベントなども把握することができるため、こうした部分でも企業に対しての魅力が変わってきます。四季報を読んだ上で面接に挑むことによって、面接で聞かれた内容について四季報という言葉を使うことができますので、これだけでもメリットになってくれるでしょう。インターネット上の口コミなどではなく、社内のことを詳しく知るためには非常に良い情報元となりますから、自分が応募したいと思っている会社で四季報が出ているかどうかを調べてみると良いです。同じように就職活動をしている人々というのは基本的に焦りが生じていたり余裕がなくなっていることから、四季報をチェックする時間などもなく、あえてチェックしておくことで面接でのアピールポイントも増えてくれます


未経験からの転職で目指せるWebコンサルタント

近年はほとんどの企業や個人店舗がWebサイトを持ち、集客や販売に勤しんでいます。中にはサイトを立ち上げれば、これまでよりお客が集まってくる、売れると勘違いしている方もいますが、実際はそうではありません。世界中に広がる無数のサイトの中で、いかに見つけてもらい、いかにアクセス数を増やし、いかに滞在時間を延ばして、購入やサービス利用、実際の店舗に足を運ぶといったアクションを起こしてもらうかが重要になります。そのために必要になるのが、Webマーケティングであり、どのような対策を採るのかで集客や売上が大きく左右されます。Webコンサルタントという職種は、Webマーケティングに関する課題を解決するためのコンサルティングを行い、リスティング広告をはじめとするWeb広告の提案やサイトのSEO対策、サイトの改善案などを行っていく仕事です。入社後にWebマーケティングやWeb広告に関する研修を行っている会社であれば、直接開発や制作に携わるわけではないので、就活の心得さえあれば、未経験の方でも十分に転職が可能です。企業によって一定の固定客が就いていて、コンサルティングに専念するところもあれば、地道に電話によるアポイントから始めて、クライアントになってくれる人を探していくところもあります。そのため、コミュニケーション力は必須であり、営業経験や電話オペレーター経験、企画などの仕事に就いていた方は、未経験でも転職のチャンスが高まりますから、前職の経験をアピール材料にしていきましょう。アポをとって企業や店舗に出向いてヒアリングをし、課題や問題点を見つけていきますので、ヒアリング力やWebのPVやUU、CVR、遷移率や離脱率といった数値を分析する力も求められます。専門的なデータの知識は入社後に覚えるとして、とりあえず、数値に強い、理論的な分析力があることもアピール材料に最適です。問題が分析で来たら提案資料や見積もりの作成を行います。大手の企業などでは、数値やデータを入力すれば勝手に提案資料や見積書が出てくるシステムがあります。もちろん、そういった経験も活かせますが、そこに自分なりの手を加えたり、イチから写真やイラスト、グラフなどを入れて提案資料を作成してきた経験がある方は、大きなアピール材料になるでしょう。そのうえでプレゼンをしてクロージング、Web広告の運用と結果の振り返りまで行う仕事です。プレゼン力はもちろん、クライアントを納得させるクロージング力、そこで終わらず、運用のサポートからその結果もしっかり検証できる、地道で責任感ある仕事ぶりもアピール材料になります。

未経験でも正社員が夢じゃないWebプランナーになるためのハウツー

Web制作のスキルはないけれど、Web制作会社をはじめとするWeb業界で働きたいという場合、未経験で正社員を目指す方への1つの候補としてWebプランナーという職種が挙げられます。もちろん、Web制作に関する専門知識や技術があるに越したことはありませんが、Web制作に関する基本知識さえ身に付ければ、Webデザイナーやコーダーなどと協力し合いながら十分仕事をやっていくことができます。基本知識についても入社後に徐々に身に付けていけばよく、ほんの素養程度でかまわないのです。むしろ必要なのは、Webサイトがどのようにして出来上がっているかより、クライアントの希望とユーザーの目線を捉えるリサーチ力や企画力があることが重要です。たとえば、30代女性をターゲットにしたアパレルブランドのサイト制作を依頼されたとすれば、Webプランナーが考えるべきは、30代女性に喜ばれるサイトとはどんなサイトか、どうやったらアクセスを高めてもらえるか、どうしたら実際に買ってもらえるかを考えればよいのです。そのためにカラーや使い勝手の良さ、サイトの工夫などを考えます。実際にそれができるかどうかは、Webデザイナーやエンジニアの腕の見せ所でもありますし、彼らのフォローがあるので、まずはクライアントとユーザーを結びつけるための最強の案を生み出せるアイディアを持っていればいいわけです。つまり、Webプランナーに求められるのは大きくいえば、企画力、プレゼン力、そして他のクリエイターやエンジニアとの上手く作業を回せるコミュニケーション力です。そこで、面接でも自分にこうした力があることを上手くアピールできれば、内定獲得に近づくことができます。まず、企画力のアピールについては、前職で何かイベントの企画や商品開発などを手掛けた経験があれば、その話をしましょう。小さなことでもかまわないので、自らアイディアを出して計画を立て実行に移したことはないか振り返ってみてください。学生さんであれば、学園祭の企画でも、サークルの合宿や卒業旅行を企画したことでもかまいません。どのようにプランニングしたか、それによってどんな反応が得られたかをまとめてみましょう。プレゼン力は面接がその力を試す場になりますので、分かりやすく、まとまりやすく、かつ聞き取りやすい話ができるよう何度も練習を積んでください。コミュニケーション力とチームワークやコーディネート力についても、前の職場での経験やサークル活動などの話を題材にしつつ、面接官との上手なコミュニケーションを図ってください。これができれば、未経験でも正社員になる道が開けてきます。